twink fly me to...


プチネタ拾い場
web tracker
Visitor Map
Create your own visitor map!

4月 11
Permalink
Streetと湿式写真の交錯。dope「1851」4/12(日)まで。 (タンバリンギャラリー)

Streetと湿式写真の交錯。dope「1851」4/12(日)まで。 (タンバリンギャラリー)

4月 10
Permalink

「ここまでは得意ですが、ここから先はできません」という制約を持つ人が得意分野に熟達すると、その人は専門家と呼ばれるようになる。

「得意不得意こそありますが、私は基本的になんでもやります」という人が全方向に頑張ると、その人は「熟達した使い走り」になってしまう。

Permalink

darksilenceinsuburbia:

Lola Dupre

From DISCOVERY solo exhibition at Ces Contemporary.

April 5th, 2014 – May 6th, 2014
Opening: Saturday, April 5th, 2014 | 6 – 9pm

Exploded Cristóbal Balenciaga.

Hand-cut collage on panel

Permalink
4月 09
Permalink
Permalink
flavorpill:

Someday, robots will rule the world.  Be prepared. 
6 Books That Will Prepare You for the Inevitable Robot Uprising

flavorpill:

Someday, robots will rule the world.  Be prepared. 

6 Books That Will Prepare You for the Inevitable Robot Uprising

4月 08
Permalink
遅咲きの    (聖林寺)

遅咲きの (聖林寺)

Permalink
本日より、dope個展 1851 (タンバリンギャラリー)

本日より、dope個展 1851 (タンバリンギャラリー)

4月 07
Permalink

アメリカで出版社がつくということは、エージェントが搾取されないように印税や版権を管理してくれて、海賊版が出たら対処してくれて、アドバンス(印税の前払い金)という形でまとまったお金をもらえて、出版社が編集からマーケティングを請負い、数年(数作)のコミットをしてくれる、ということでもあります。

これが日本だと出版社から本を出したところで、副次権などの管理はやっぱり自分でやらないといけないし、初版部数はどんどん少なくなっているし、1冊ごとに違う出版社を探さないといけないし、自分の本がどこでどれだけ売れているのかいないのか、さっぱり知らされないし…だったら自分でEブックを出しちゃえ、と思うのも無理からぬ気がします。

4月 06
Permalink
 クレーと水丸さんを比べるのはヒイキのし過ぎになるが、クレーは絵の具を自作するのが好きで、偶然に化学反応が起きてか、とんでもない色が出現したときにはアトリエで「やったー!」と叫んだとか。つまり大画家でも青山雪舟(水丸さんの自称・冗談)でも偶然をわがものとして引き寄せるにはどうしたらいいかが造形家の課題なのである。